現代の風俗と昔の風俗との違い

現代の風俗と昔の風俗との違いを比べてみましょう。
今の風俗と昔で大きく違うのは料金なのです。
なんと!一晩遊ぶのに100万もかかるのです。
飲み代や、幇間代が別で、皆への祝儀も必要だったのです。
馴染みの遊女から帯や簪などを強請られたら従うほかなかったと言います。
今では考えられないぐらいのパワーバランスなのです。
とにかく昔の風俗遊びはお金がかかるので裕福な人しか利用できなかったのです。
さらに馴染みになるまでには最低でも3回は利用しないと認めてもらえなかったりするのです。
さらに馴染みのお店で一度でも遊べばそれ以外のお店では遊べなかったのです。
遊女の浮気はご法度なのです。そう考えると現代は楽なもんです。

ちなみに風俗業界に大打撃を与えたリーマンショック以降、現在の風俗嬢の大半は中小企業のサラリーマンと同程度か、それ以下の賃金でカラダを売っています。
カラダを売って中小企業のサラリーマン以下の賃金とは夢も希望もないですが、本当のことです。

デリヘルで特に人気のエリア

奈良デリヘルを語る上で欠かせないエリアと言えばたくさんあるが、
生駒・西大寺などがもともと風俗が盛んな街と言っていいだろう。
昔から風俗色が強いエリアだけあって、様々な種類の風俗店があり何度遊んでも飽きがこないのが特徴といえよう。
奈良や京都といったビジネス街では、風俗エステはもちろんのこと、マッサージのみの、いわゆる〝ヌキなし″の店舗型リラクゼーションエステも増えてきている。
その一方で、中国系や韓国系、タイ系などの風俗を一歩踏み出した、いわゆる本番系もある。
いわゆるこのエリアではぽっと出の風俗業者は生き残ってはいけない。
ある程度、実績を残した人のみ店舗を構える事を許される激戦区。

« Older Entries